当前位置:首页> 日语资讯> 校园动态

浅谈日语翻译行业(1)

发布时间:2017-10-23  来源:  浏览:565

翻訳には文芸翻訳、実務翻訳、映像翻訳という三つの大きなジャンルがあります。


在翻译行业,有文学艺术翻译、实务翻译、影像翻译这三大种类。


南京朝日日语_文芸翻訳は出版翻訳とも言われ、書籍や雑誌など出版物の翻訳です。フィクションやノンフィクション、実用書、児童書など、あらゆる文芸上のジャンルを含みます。

文学艺术翻译的工作是翻译书籍、杂志等出版物,也被称为出版翻译,包含小说、非小说类文学作品、实用书籍、少儿书籍等各种文学艺术形式。


映像翻訳は映像につける翻訳で、字幕翻訳と吹き替え翻訳があります。一昔前までは映画やテレビのドキュメンタリーくらいで仕事量が限られていましたが、近年、テレビの多チャンネル化やDVDの普及に伴って、翻訳が必要な海外作品の量は増加の一途をたどっています。そのぶん、翻訳者の需要も拡大しています。

影像翻译是附在影像上的翻译,有字幕翻译及配音翻译。过去这类翻译的工作量也就限于电影以及电视纪录片,而近年来随着电视频道的多样化及DVD的普及,需要翻译的海外作品量不断增加,因此对译者的需求量也在扩大。


最後が実務翻訳です。ビジネス翻訳、産業翻訳、技術翻訳とも呼ばれ、ビジネスの現場で発生するあらゆる文書が翻訳の対象です。IT、金融、法律、特許、環境、そしてわたしの専門分野である医薬など、さまざまな専門分野に分かれています。のちほど詳しく取り上げます。

最后是实务翻译,也被称作商务翻译、产业翻译、技术翻译,在商务场合产生的各种文书都是这类译者的翻译对象。其内容涉及IT、金融、法律、专利、环境、以及我的专业医药学等各个领域。稍后我会详细说明。


ほとんどの翻訳者は、上のジャンルのうちいずれかひとつを専門としますが、まれに、文芸と実務など、異なるジャンルをまたにかけて活躍している方もいます。

大部分译者都会选择这三种翻译中的一种作为专攻对象,也有很少一部分人会选择同时兼顾文学、实务等两种不同的翻译工作。


どのジャンルを選ぶ?

如何选择翻译领域?


これらの中から、自分の興味や適性によって、どのジャンルを選ぶか決めます。

大家可以根据自己的兴趣以及自身素质选择合适的领域。


とにかく翻訳に興味があるけど、何が好きかわからないという方は、まずはどれも試してみて、自分の適性を見極めるのが良いでしょう。

如果只是喜欢翻译但不知道自己兴趣在哪,可以先都试试,弄清自己适合发展的方向。


多くの翻訳学校が、翻訳入門者用に、各ジャンルを取り混ぜて演習するコースを用意していますから、それを利用するのが便利だと思います。

很多翻译学校都为翻译入门者准备了多样化翻译演习课程,利用下这种课程也十分方便。


実際に体験してみると、憧れを持っていた分野が自分にはどうも合わないと気づいたり、逆に意外なジャンルに向いている自分を発見したりするはずです。

实际体验下应该就会发现,也许一直憧憬的领域并不适合自己,或者自己适合某个以前没考虑过的领域。_南京朝日日语