当前位置:首页> 日语资讯> 日语学习

どうかいたしましたか是错的表达?

发布时间:2018-04-10  来源:  浏览:583

Qなんとなく具合の悪そうな人に「どうかいたしましたか」と声をかけたら、余計に気分を悪くしたような顔をされてしまいました。



Q对感觉气色不佳说“どうかいたしましたか”,对方反而摆出一副更不舒服的表情。



Aこれは、現代の一般的な敬語の使い方としては、あまりおすすめできません。この状況であれば、「どうかなさいましたか」と言うべきです。



A作为现代的一般性敬语,我们不太推荐使用这种用法。这种情况该说“どうかなさいましたか”。



解説



解说



現代語の「いたす」は、多くの場合、「謙譲語」として用いられます。つまり、話し手である自分(たち)の動作を低めて言い表すときに使うものです。たとえば「そのようにいたします」と言った場合には、何かの動作をおこなうのは話し手の側です。それに対して、〔明らかに聞き手の動作・聞き手の領域に属するできごとである場合〕に「いたす」を使うのは、好ましくありません。



现代日语的“いたす”多用作“谦让语”。即用于贬低说话者我(们)所说的话。比如在说“そのようにいたします”时,是说话者要去做某事。与之相对的,(明显属于听话者的动作、听话者的领域范畴时)使用“いたす”并不好。



ただし、「どうかいたしましたか」という言い方自体が、常にだめだというわけではありません。「なにか不都合が発生しましたか」という意味で使う「どうかいたしましたか」は、問題ないのです。これは、なぜでしょうか。



不过并不是说“どうかいたしましたか”的说法本身任何场合都不行。用于表示“有什么不好的吗”的意思时用“どうかいたしましたか”就没问题。这是为什么呢?



それは、「いたす」には「謙譲語」に加えて、「丁寧語」としての用法もあるからです。相手が原因ではない「不都合の発生」を、「いたす」を使って丁寧に表しているものです。しかし「丁寧」な言い方であっても、たとえば具合が悪そうに見えたりするなどの〔明らかに聞き手の動作・聞き手の領域に属するできごとである場合〕には、不適当なのです。



这是因为“いたす”除了“谦让语”还有“郑重语”的用法。这里就是对不因对方原因而“发生的不好事情”用“いたす”来表示郑重。但是同样是“郑重”用法,如果是对方看着不舒服这类(明显属于听话者的动作、听话者的领域范畴”时就不适合了。



ウェブ上でアンケートをしてみたところ、気分が悪そうな人に向かって「どうかいたしましたか」と言うのは「おかしい」という回答は、社会の活躍層であり敬語を使う機会の多い30代から50代にかけての年層で非常に多く見られました。一般に、敬語の使い方に関して質問をすると、このような年代分布になることが多いものです。現在10代や20代の人も、社会経験を積んでいくとだんだんと敬語の使用法を習得していくはずなので、現在の若い人たちの結果が「そのまま将来の日本語のすがたを反映している」というわけではないと思われます。



在网上进行问卷调查后,我们发现认为向不舒服的人问“どうかいたしましたか”很“奇怪”的回答多见于社会的活跃阶层、即使用敬语机会多的30~50岁的年龄层。通常关于敬语使用方法问题都会出现这样的年代分布。现在十多二十岁的人在积累社会经验后,也会渐渐掌握敬语的使用方法,所以现阶段年轻人的结果并不“直接反映未来的日语形态”。



駅のアナウンスでときどき聞かれる「ご乗車できませんのでご注意ください」というものも、これと似ています。「ご乗車できません」という言い方は、「ご案内できません」などと同じく、話し手の動作を低めて言い表す謙譲語であるという解釈が可能です。つまり、ことばの上からすると「私〔=駅員さん本人〕は電車に(一緒に)乗れません」という意味になってしまいます。「ご乗車になれませんのでご注意ください」と言うのがふさわしいでしょう。



车站里常听到广播说“ご乗車できませんのでご注意ください”也与此相似。“ご乗車できません”的说法与“ご案内できません”等结构相同,可以解释为贬低说话者动作的谦让语。即从字面意思来说是“我(=站务员本人)不能(一起)乘车”。“ご乗車になれませんのでご注意ください”的说法更符合吧。



こんな説明で、ご理解いたしましたでしょうか。おっと失礼、ご理解なさいましたでしょうか。



这么说明你理解了吗?啊,失礼,您理解了吗?