当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

日本女人结婚后一定要改夫姓吗?

发布时间:2017-10-27  来源:  浏览:751

南京朝日日语_在日本,结婚后夫妻(本来两人不同姓氏)不同姓是不可以的。对于这一问题的争论从1950年代开始就存在了,一直没有结论。有议员表示:“姓氏不一样的话,难以维持家族的一体感。”那么姓氏到底是怎么一回事?人们觉得自己的姓氏代表了多少自我呢?


私事だが、婚姻届を書くとき、夫となった人に「どっちの苗字を名乗る?」と尋ねた。彼は目を丸くして、「だって妻が夫の苗字を名乗るものでしょ」と言った。今でもそういう認識をもっている男性は少なくないのかもしれない。 

我自己的情况是,在写结婚申请书时,我问我丈夫,“我们跟谁的姓啊?”他睁大眼吃惊地问,“不都是妻子随丈夫的姓嘛”。想来现在还有这种想法的男性不在少数。


なぜ女性が男性の苗字を名乗る、と譲らなくてはいけないのか、自分の苗字を変えなくてはいけない女の気持ちを少なくとも考えたことがあるのか、と言いたかった。なので言った。 

为什么女性一定让着男性,随丈夫的姓呢?为什么不能稍许考虑下不得不更换姓氏的女性的心情呢?我这样想着,就直说了。


「結婚って、そういうものじゃん。どちらを名乗ってもいいとしても、オレは会社員だから手続きが面倒だし、長男だから」 

“结婚不就是这么一回事嘛。虽然跟谁的姓都可以,但是我是公司职员,更名的手续办起来比较麻烦,而且我还是长男。”


は?フリーだって銀行の口座や免許証など変えなくてはいけないことがたくさんある。それに私だって長女だよ……。

什么?就算是自由职业者,如果更换姓氏,银行账号、资格证等等要办的手续也有很多,况且我也是长女啊……


親しい女友だちにそのことを愚痴ったら、彼女は意外なことを言った。

和要好的朋友抱怨了这件事,她说了让我感到意外的话。


「私は長年、自分の苗字が嫌いだったから、結婚して苗字が変わるのはすごくうれしかった」

“我一直不喜欢自己的姓氏,结婚后能改变姓氏很开心。”


別の友人は淡々と言った。

其他朋友也很淡然的说:


「名前なんて記号に過ぎないわよ。なんだっていいのよ」 

“名字,这不过是个符号而已,是无所谓的事。”


女性の中には子どもの頃から、好きな男性の苗字に自分の名前を書いてみたりする人がいるのだそうだ。私はそんなことをしたことがない。 

有的女孩子从孩提时代开始就会把自己喜欢男生的姓氏写在自己的名字前面,我并没有这么做过。


自分の名前に特に愛着があるわけでもないのだが、婚姻届を書いたときの不快感はいまだに忘れられない。仕事上はもちろん旧姓を使ったが、いつもお尻のあたりがもそもそするような居心地の悪さにとらわれていた。その後、離婚してひとりの戸籍を作って旧姓に戻り、ほっとしたのを覚えている。 

虽然并不是特别喜欢自己的名字,但我还是忘不了在写结婚申请时那种不愉快的感觉。因为工作的时候还是使用旧姓,总有一种坐立不安的坏心情。离婚之后,变成一个人的户籍,恢复旧姓,才终于松了一口气。


気づかなかったが、私にとって、名前はアイデンティティに関わるものだったのだろう。決して単なる「記号」ではないのだ。 

之前没意识到,对于我来说,名字和自我是相关连的,绝不只是一个符号而已。


姓をどうするかで、男女が真正面から向き合って話し合ったとき、自身のアイデンティティに気づく人も多いかもしれない。今も、「妻が夫の戸籍に入るもの」だと思い込んでいることも改めて知ることになる可能性もある。 

要结为夫妇的男女,也可能会在认真商讨怎么处理姓氏问题的过程中重新认识自我。现在人们也可能会对“妻子入丈夫的户籍”这样的观念有新的认识。


だが、たかだか120年足らずの慣習からか、意外と別姓には反対も多い。選択制であっても、だ。

但不知是不是因为改姓的习惯保持了120年,即使可以婚后保留不同姓氏,反对的意见也很多。


「家族で苗字が違うと一体感がもちにくい」

“家族如果姓氏不同的话没有一体感” 


「子どもに悪影響が出そう」 

“对孩子有不好的影响”


苗字が違うことで、家族の絆が弱まるなら、その程度の絆だったのだろう。 

如果因为姓氏不同,家人间的羁绊就会减弱,那这羁绊本就是脆弱不堪的。


「家族はひとつ。一体感がなくてはいけない」のか、「家族といえどもひとりの人間同士」と考えるのか、個人の家族観にもかかわってはきそうだ。 

有人觉得“家人要团结在一起,必须要有一体感。”也有人觉得“就算是是家族,每个人也是独立存在的个体。”这些想法是个人家族观念的不同。


最初の勧告から10年以上、相変わらず別姓に関しては、何も進んでいないのが現状だ。

但现状是从最开始的劝告到现在已经过了十年多,和以前一样,婚后保留别姓的事情还是一点进展也没有。


ただ、3年前の内閣府の世論調査では、反対賛成ともに35%前後で、そろそろ機は熟してきているといえる。 

只是,在3年前内阁政府的舆论调查中,对婚后保留不同姓氏,反对和赞成的意见都差不多在35%左右,迎来改变的时机已经差不多成熟了。_南京朝日日语