当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

为什么日本人喜欢买书包书皮?

发布时间:2019-06-14  来源:  浏览:60

カバーをおかけしますか?」これは本屋さんで本を購入する際に聞かれる日常的な会話です。実はこのブックカバー、日本独特の文化であり、さらに歴史も意外と長いのです。今回はこのブックカバーの現代の使われ方に注目してみました。

 

 

“(这本书)需要包书皮吗?”每当我们进入书店购书时,都会听到书店员这般习以为常的询问。其实这个书皮,是日本独特的文化,并且有着令人意想不到的漫长的历史。这次,我们将把视线集中在现代书皮的使用方法上。

 

 

その歴史90年、ブックカバーという日本文化

 

 

在这90年间,名为“书皮”的日本文化。

 

 

「日本の文化」と聞いて思い浮かべるものは何でしょう?相撲、寿司、日本刀、盆栽、茶道。あるいは、アニメやJ-POP、ゲームといったものでしょうか。実は、こうした日本独自の文化の一つに、書店で本にかけてもらう「ブックカバー」も数えられます。日頃、生活の中に溶け込んでいるブックカバー。使う人はどんな意義を感じているのでしょうか。

 

 

当你听到“日本的文化”首先浮现在脑海中的文化是什么呢?相扑、寿司、日本刀、盆栽、茶道。又或是动画、J-POP、游戏等?实际上,作为日本独特的文化之一,可以算上“书皮”文化,在书店购书时会给书包上书皮。书皮已经融入了我们日常生活中,使用者们到底从它身上感受到了怎样的意义呢?

 

先来做个小调查:

 

本を読むときにはブックカバーをつける派?つけない派?

 

 

读书的时候,你是会包书皮派?还是不包书皮派?

 

 

第1位/本屋さんでつけてもらう...244人(57.0%)

第1位/让书店员直接包上书皮...244人(57.0%)

 

 

第2位/ブックカバーをつけない...105人(24.5%)

第2位/不包书皮...105人(24.5%)

 

 

第3位/自分のブックカバーをつける...41人(9.6%)

第3位/包上自己喜欢的书皮...41人(9.6%)

 

 

第4位/借りた本にはつける...17人(4.0%)

第4位/如果是借的书就会包上书皮...17人(4.0%)

 

 

从调查结果来看,大多数人们都会使用书皮。来看看他们各自的体验吧。

 

カバーをする人、しない人

使用与不使用书皮的人们

 

 

書店がブックカバーを提供する理由は、大きく二つ、考えられます。一つは会計が済んでいることが一目で分かるように。もう一つは、広告宣伝です。では、自分の本にブックカバーをかける人の目的とは、どんなものでしょう。

 

 

书店提供包书皮服务一共有两大理由:一是在顾客结账的时候一目了然。另一个是用于广告宣传。那么,自己给自己的书包上书皮又有着怎样的理由呢?

 

 

これも大別して二つになります。一つは本が汚れるのを防ぐため。日焼けを嫌って、本にカバーをしたまま自宅の本棚に並べる人もいるようです。もう一つは本の表紙を他人の目から隠すため。特に恥ずかしい内容の本ではなくても、自分の好みを他人に知られるのが恥ずかしいと考える人が多いようです。こうした心理がブックカバーの習慣を広めたのだと思われますが、実はこのブックカバーは海外の書店では見られないサービスだといいます。そもそも「恥」という言葉に相当する外国語を見つけるのが難しいくらいで(英語では「shyness」「embarrassment」「shame」などがありますが、日本語の「恥」の感覚を丸ごとカバーするような言葉は見当たりません)、本の表紙を見られたくない気持ち自体が、日本に特有のものなのかもしれません。

 

 

这也分两大方面。其一是防止书本变脏,也有人不希望书本直接收到太阳照射,将书包好书皮放在家里的书架上。另一个理由是不想让他人知道,从而将封皮隐藏。不仅仅是一些内容羞耻的书,还有很多人都不想将自己的喜好透漏给他人。我们认为基于以上心理拥有包书皮的习惯,这样的人应该是广泛存在的,但是,实际上包书皮这项服务在海外的书店几乎见不到。原本,“耻”这个词,在别的国家的语言中也很难找到对应的解释(在英语中有:shyness、embarrassment、shame,但是找不到能够完全表现出日本语中‘耻’的感觉的词汇。),与此种语言现象相当,不想被人看到书的封面的这种心情,或许是日本特有的一种心理因素。

 

 

一方で、「カバーをおかけしますか?」という書店員の問いかけに「いいえ」と答える人もいます。カバーに必要性を感じない人、店員の手間を減らしてあげようと考える人、布や革のカバーを愛用している人など、理由はさまざまですが、昨今は省資源の意識から断る人が増えてきているようです。ブックカバーを単に包装として捉えてみると、たしかに過剰包装に当たるかもしれませんね。筆者のように、カバーはかけたいけどレジ列が長いときは断るといった日和見な人とは別に、信念に基づいてカバーを断る人が今後ますます増えそうです。

 

 

另一方面,当店员询问道:“(这本书)需要包书皮吗?”也有一些人回答“不用。”认为没必要让店员包书皮的人或许是出自减少店员工作量的考虑,又或是有些人喜欢用布衣、皮革等包书,理由各种各样。最近,从节省资源角度考虑不包书皮的人们渐渐增多。书皮从包装的角度来讲,可能真的有些过度包装。笔者有时虽然想让店员包书皮,但是因为收银台前的队伍太长只好作罢。和笔者这种随机主义不同,基于环保信念拒绝包书皮的人今后也会不断增加吧。