当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

♂ ♀的由来

发布时间:2019-06-14  来源:  浏览:46

実はいろんな意味が詰まっているんです。

 

 

其实这个符号里凝结了很多意义。

 

 

男性と女性あるいは雄と雌を表す♂ ♀記号。シンプルな見た目からは想像できないほどその歴史は古く、事の起こりは人類の文明化にまでさかのぼります。

 

 

♂ ♀记号用来表示男性和女性,或者雄性和雌性。看起来简洁的图案,其实有着无法想象的悠久历史。事情的起源要追溯到人类的文明化时代。

 

 

古代、人々は太陽やほかの天体の動きが、地球上におけるさまざまな変化、例えば季節の移り変わりや動物の繁殖期、作物の収穫時期などと連動していることに気づきます。太陽や星々の動きはどうやら地球上の事象に関連しているらしいと確信するに至った古代の学者たちは、天体を研究すれば未来を予測することができるのではないかと考え研究を始めます。そこに宗教的な意味合いが入りこみ、それぞれの天体は古来の神々と関連付けて考えられるようになります。マーキュリー(水星)、マーズ(火星)、ジュピター/ゼウス(木星)、クロノス/サターン(土星)といったぐあいに。

 

 

古代,人们注意到太阳和其他天体的运动会给地球带来的各种各样的变化,例如,季节的推移变换与动物的繁殖期、作物的收获期之前的联动。古代的学者们确信,太阳、星星的运动总会带动地球上的相关事象发生变化,于是他们开始思考是否能够通过对天体的研究来预测未来。这时刚好引入了一些带有宗教色彩的词汇,于是,人们就将各种各样的天体就和古代流传下来的神灵们相关联。Mercury(水星)、Mars(火星)、Jupiter/Zeus(木星)、Cronus/Saturn(土星)等情况。

 

 

神々の名を冠した各天体は、時を経るに従い、特定の金属とも関連付けられるようになっていきます。たとえば太陽(ヘリオス)は金と関連づけられました(ちなみに人間の可視スペクトルにおいて太陽は金色ではなく白色なんですけどね)。そしてマーズ(ギリシア語でThouros)は武器を作るのに使われていた赤色の硬い金属(鉄)に、一方のヴィーナス(ギリシア語でPhosphorus)は緑色に変化する柔らかい金属(銅)に関連づけられました。

 

 

各天体被冠以众神之名,随着时间的流逝,人们渐渐将它们与特定的金属关联在一起。举个例子,太阳(Helios太阳神)与“金”关联在一起(顺便一提,人们所能看到的太阳的光谱不是金色的,而是白色的。)还有火星(在希腊语中称为Thouros)被比作用于武器制作的红色的硬金属(铁),另一方面金星(希腊语中称为Phosphorus)被比作会变为绿色的柔软的金属(铜)。

 

 

そしてギリシアの学者たちは金属について記す際に、関連付けた神々の名前を用いました。現代と同じく当時も文字を組み合わせて神々の名前を記していたわけですが、手書きの時代ですから、当然のことながらそのうち短縮系が登場します。

 

 

于是,希腊的学者们开始使用金属来标记时,也开始使用它们被关联的众神的名称。古代与现在同样,需要使用文字的组合来标记众神的名字,但是因为处在需要手写记录的时代,理所当然的缩写系的称呼登上了舞台。

 

 

そう、♂ ♀記号は始め、鉄と銅を表していたんですね。

 

 

没错,♂ ♀的记号最开始是用来表示铁和铜的。

 

 

時を経て、中世ヨーロッパ。錬金術師たちがギリシア人の残した記号を使うようになります。この習わしは啓蒙時代を通じて続き、二名法を普及させ分類学の父とも呼ばれるカール・フォン・リンネも「自然の体系(Systema Nature)」(1735年)の中で、これらの記号を使っています。

 

 

再随着时间的推移,来到中世纪的欧洲。炼金术师们继续使用希腊人留下来的记号。这个习惯沿袭到启蒙时代,被称为分类学之父的卡尔·冯·林奈建立了动植物命名的双名法,在其著作《自然系统》(1735年)中,使用了这些标记。

 

 

リンネはまたこれらの記号を生物学的なコンテキストにも採用し、1751年の論文「植物界の交配(Plantae hybridae)」の中で、ヴィーナスのシンボルを母親、マーズのシンボルを父親を表すのに使用しました。リンネはその後も雄雌の区別にこれらの記号を使用し続け、1753年の「植物の種(Species Plantarum)」では自由にこれらの記号を使用しています。

 

 

林奈还在生物学的文章中使用了这些符号,在1751年发表的论文《植物界的交配》中,用金星的符号象征母亲、用火星的符号象征父亲。林奈在这之后还继续使用这些符号来表达雌雄的区别,他在1753年《植物的种子》中自由的使用了这些符号。

 

 

リンネの後、他の植物学者たちもこのシンボルを採用し始め、動物学、ヒト生物学、最終的には遺伝学にいたる他の分野の学者たちもこのシンボルを使うようになりました。

 

 

在林奈之后,别的植物学者们也开始使用这些符号,渐渐,动物学、微生物学、甚至遗传学等其他领悟的学者们也开始使用这些符号。

 

 

ただ現代の遺伝学者たちは、♂ ♀の記号は使わず、以下のような四角(男性)と丸(女性)を使用しているんですよね。なぜなんでしょう。

 

 

不过,现代的遗传学者们不使用♂ ♀的记号,而使用如下所示的方形(男性)和圆(女性)。这又是为什么呢?

 

注:这里是指遗传图谱中的正方形与圆形。

 

丸と四角の記号は、1845年に当時ブルーミングデール精神病院に勤務していたプリニウス・アール医師が、色覚異常の遺伝に関して説明するために作りだしたもの。なぜわざわざ新しい記号を作り出したのかという理由は定かではありませんが、王立協会のエドワード・ネトルシップ氏によると、当時楽譜に使用されていた記号以外の記号を印刷することができなかったためらしいです。

 

 

圆和方形的记号是1845年在Bloomingdale精神病院工作的Pliny Earle医师,为了做有关色觉异常的遗传的说明而专门创造出来的符号。为什么他要用创造出来全新的符号呢,理由还没有一个定论,但是根据王立协会的Edward Nettleship的证言,貌似是因为当时除了使用乐谱记号之外,均不可印刷。

 

 

♂ ♀、λ記号に関するおまけのトリビア:

 

 

有关♂ ♀、λ记号的小杂学:

 

 

• ♂はマーズの盾を、♀はヴィーナスの鏡を表しているという説は、現在多くの学者たちに否定されています。

 

 

• 也存在假说:♂表示火星的盾、♀表示金星的明镜。但是这个假说被现在很多学者否定了。

 

 

• 1970年、ニューヨークのゲイ活動家同盟(GAA)はギリシア文字のラムダ(λ)を同盟のシンボルとして採用しました。この文字が採用された正確な理由は知られていませんが「スパルタの戦士たちが団結のシンボルとして使用していたため」「ローマ人たちがラムダを『無知の闇に差し込む知識の光』として考えていたため」あるいは「化学や物理でラムダが力を表しているため」と諸説あるようです。

 

 

• 1970年,纽约的Gay Activists Alliance(Gay活动家同盟GAA)将希腊文字λ作为自己同盟的标识。虽然尚未明确他们采用这个标识的真正理由,但是有诸多假说:“因为这个符号被斯巴达战士们作为团结的象征使用过。”、“罗马人认为λ表示照射进无知黑暗的一道知识之光。”或者“在化学和物理上,λ是力量的象征。”

 

声明:本双语文章的中文翻译系沪江日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。