当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

捣年糕的的来历

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:663

往来のなかで餅をつくには訳がある。それがビジネスであったことだ。暮れも押し迫ってくると、江戸の町には「餅つき屋」なる職人が数多く出現するのだ。だから営業していることを知らしめるために往来でやる必要があった。「餅つき屋」と書いてしまったが、現実には職業としては成立しない。だから、筆者が便宜上つけた名称であることをお断りしておく。この餅つき風景は、表通りに面している商家が、餅つき屋に依頼して、ついてもらっているところだと考えられる。店先で景気づけに餅をつくという意味もあったのかもしれない。

在道路上捣年糕其实是有它的缘由。原来,这本是一桩生意。随着年关逼近,江户街巷里出现了许多“年糕商”师傅。为了向大家宣传自己正在营业,在路上摆摊自然是必要的。虽然写了“年糕商”,实际在现实中并不存在这种职业。因此笔者先提醒大家,这只是为方便现取的称号。一些店铺面对大街的商家会委托这些“年糕商”,请他们来到店里点旺人气,这样就形成捣年糕一景。所以也可以说,捣年糕是为了给店铺攒人气。


では、どんな人がこの餅つき屋をやったのか。それは舂米屋(つきまいや)だと思われる。今のお米屋さんのことだ。舂米屋の年末の仕事として、従業員が出張したと思えば想像しやすい。かなりの需要があったはずたから、普段は別の仕事をやっていて、ちゃっかりバイトをやった人も相当いたのではないだろうか。

那么,什么样的人才能从事捣年糕的活儿呢?那就是舂米店,即今天的米店。捣年糕是舂米店的一项年终买卖,不难想象,伙计们都会跑外勤。因为特别需要人手,很可能许多平时忙其它工作的人也会来兼职吧。


餅つき屋のイメージを紹介すると、きっぷのいい二人組みで、一人は杵を担ぎ、もう一人は臼を担ぐといった風体である。注文に応じて担いで移動する商売である。かなりたいへんな仕事だ。それに誰でも餅をつけるものでもない。筆者の経験から言わせてもらうと、力も必要だが、コツを要するものだ。それに二人の呼吸が合わないと話しにならない。だからこそ、餅つき屋が登場したのだろう。

“年糕商”的形象是怎样的呢?一般是两个威风八面的人,一人扛着杵,另一人担着臼。这桩生意会跟随买主四处移动。实在是件费力气的工作。而且也不是任何人都做得了捣年糕的工作。就拿笔者的经验来说,力气是必须的,而且还要窍门。两人如果配合不够默契也不能成事。因此才有年糕商的出现吧。


時節柄、門松売りもやってくる。馬の背に松を乗せて運んでいる人、担ぐ人…。大店(おおだな)の立派な門松は、鳶(とび)職が商売した。鳶は町火消も兼ねていた関係から、鳶の親方は大店や大家に顔がきき、門松設置の特権があった。当時の門松は、松を束ねて軒先に立て掛けた。まるで打ち上げ花火のようなデザインだ。

在年末时节,门松的生意也进行地红红火火,有人将松驮在马背上运输,有人自己用肩扛。大店铺门前摆放气派门松是架子工的生意。由于架子工往往也兼任町火消,他们的领头与老板、东家都是熟人熟面,拥有装饰门松这个买卖的特权。当时人们装饰门松,就是把松绑成一捆摆放在房檐前,看起来就仿佛是绽放的烟花一样。


庶民は、松の枝を一本家の入口につける程度であったかもしれないが、門松を飾る文化は、しっかり根付いている。大名も商人も長屋の住民も、すす払いをして大掃除。神棚をきれいにして、門松を飾り、新年を迎える運びとなる

虽然普通百姓只能在自家入口处摆上一枝松枝,但装饰门松的文化却从此生下了根。无论是大名还是商人、长屋的居民,都要在年末扫尘迎新。清洁神龛,装饰门松,迎接新年的到来。