当前位置:首页> 日语资讯> 日语文化

日本神社与鸟居

发布时间:2017-10-24  来源:  浏览:658


神道の神を祭る建物が神社であり、伊勢神宮や出雲大社などはその代表的な建築様式である。神社の入口に建っている門が鳥居で、独特な形をしており、外国人には日本の風物として目に映るようである。

拜祭神道之神的建筑物是神社,伊势神宫及出云大社等是神社的代表性建筑风格。建于神社入口的门是牌坊,具有独特的形状,在外国人眼中是日本式风物。


神道(しんとう)   日本宗教,以崇拜皇室祖先为中心的日本民族固有的宗教

伊勢神宮(いせじんぐう)  祭祀,祭奠

出雲大社(いずもたいしゃ)  专有名词

鳥居(とりい)  专有名词。代表神域入口,用于区分沈栖息的神域和人类居住的世俗界。

風物(ふうぶつ)  (神社入口的)牌坊,华表。一种常设于通向神社的大道上或神社周围的木砸烂处的日式建筑

映る(うつる)  反射


本文语法:

体言+として “作为....”“以....身份”等等,在句子中做状语,表示身份、地位、资格、立场、种类、作用等。