当前位置:首页> 日语资讯> 日语娱乐

什么是“角色语

发布时间:2017-10-23  来源:  浏览:504

日本語の一人称、話し手(書き手)自身を表す代名詞は、「わたし」「ぼく」「おれ」「わし」「おいら」など、年齢や性別、地域によってたくさんのバリエーションがあります。例えば、男性が「ぼく」を使うか、「おれ」を使うかで受けるイメージは随分変わるでしょう。


日语第一人称,也就是说话者(作者)自身的代名词根据年龄、性别及地域不同会有各种变化,比如“わたし”、“ぼく”、“おれ”、“わし”、“おいら”等等。举个例子,男性自称“ぼく”还是“おれ”会很大程度上影响其给人留下的印象吧。


翻訳に役立つ役割語の知識


有助于翻译的角色语知识


『ハリー・ポッター』シリーズや『ロード・オブ・ザ・リング』といった海外小説や映画の日本語訳では、年をとった魔法使いが「わしは知っておるんじゃ」のような、特徴的な言葉使いをしています。しかし、話している英語のなかに、老人に特徴的な言葉使いがあるわけではありません。「I~」と言っているところを、「わし」という一人称を使って翻訳しているのです。このように登場人物のキャラクターを特徴づけるために、フィクションのなかで使われる言葉を「役割語」と言います。役割語には特定のキャラクターのイメージを強める働きがあるので、海外小説や映画を日本語に訳す翻訳家が、観客がより自然にストーリーのなかへ入っていけるように、キャラクターの役割を考えて、それにふさわしい言葉をあてているのです。このように、よりわかりやすい表現で翻訳するために、役割語の知識が役に立ちます。


在《哈利波特》系列、《指环王》这些国外小说及电影的日文版本中,上了年纪的魔法师会使用一些颇有特点的语言,比如“わしは知っておるんじゃ(意为我知道)”。然而,英文原版中的老人却并不是这么说话的,只是日本人在译制作品时将里面的“I……”换成了“わし”这个第一人称。像这样在虚构故事中为了使出场人物更具特点而使用的语言叫做“角色语”。由于这种语言能使特定角色的形象更加鲜明,因此,将海外小说及电影译制成日语的翻译家们为了使观众更加自然地融入到故事中,会考虑角色在剧中的作用,然后给其套上合适的语言。如上所述,为了使翻译更加易懂,角色语相关知识就派上用场了。


自然な日本語をマスターするときにも役割語が有効


角色语对于学习者掌握地道的日语也是很有帮助的


日本語はほかの外国語よりも、話し方や言葉使いがその人の性質・特徴を表す部分が大きいと言われている言語です。外国人が日本語を学ぶとき、男性も女性も最初は「わたし」と教えられますが、上達するにつれて男性は、「ぼく」や「おれ」を使い分けるようになります。日本語を学ぶときに役割語の知識をあわせて学ぶことで、より自然な話し方や言葉使いが身につくと言えるでしょう。


都说日语是这样一种语言——比起其他外语,它的说话方式和遣词用语都更能体现说话者的性格及个人特征。外国人学日语时,不管是男性还是女性,刚开始都会先学 “わたし(我)”一词,随着语言能力的提高,男性逐渐能区分使用“ぼく”、“おれ”。可以说,在学习日语时结合。